~ 目次 ~
1.公認スポーツ指導者とは? ~プレーヤーズセンタード~
2.公認スポーツ指導者の養成
  2-1.養成講習会への申込
  2-2.スポーツ指導者の登録・更新
  2-3.指導者マイページ
3.公認スポーツ指導者資格の更新
  3-1.令和4年度研修会事業
4.新型コロナウイルス感染症の影響による更新研修の特例措置

1.公認スポーツ指導者とは? ~プレーヤーズセンタード~※日本スポーツ協会HPより抜粋

 スポーツの価値やスポーツの未来への責任を自覚し、『プレーヤーズセンタード』の考え方のもとに暴力やハラスメントなどあらゆる半理論的な行為を排除し、常に自らも学び続けながらプレーヤーの成長を支援することを通して、豊かなスポーツ文化の創造やスポーツの社会的価値を高めることに貢献できる者である。
【プレーヤーズセンタード】
プレーヤーを取り巻くアントラージュ自身も、それぞれのWell-being(良好・幸福な状態)を目指しながら、プレーヤーをサポートしていくという考え方。

<参考URL> 日本スポーツ協会公認スポーツ指導者概要
       https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid58.html

2.公認スポーツ指導者の養成

 各都道府県スポーツ協会では、日本スポーツ協会公認資格のうち「コーチ1」「コーチ2」の養成を行っております。
 岐阜県でも、指導者の養成とスポーツの推進を目指し、加盟競技団体と連携し「コーチ1」「コーチ2」の養成を行っております。指導者資格に関心のある方は、各競技団体にお問い合わせください。

< 令和4年度実施講習会 >
資 格 名期  日会  場募集定員申込期間
水泳コーチ19月11日~12月4日岐阜聖徳大学 (羽島)40名申込終了
バレーボールコーチ110月1日~11月30日長良川スポーツプラザ 他50名申込終了
ソフトテニスコーチ111月12日~26日多治見市笠原体育館 他30名申込終了
バドミントンコーチ111月12日、13日岐阜市北部体育館20名8月4日~30日

2-1.養成講習会への申込

■日本スポーツ協会「指導者マイページ(https://my.japan-sports.or.jp/login)」から、ログインもしくは
 新規登録していただき、該当の養成講習会を検索のうえ、お申込みください。
 マイページの使用方法については、下記参考資料をご参照ください。
  <参考資料>  指導者マイページ利用マニュアル
  <注 意 点> ① コーチングアシスタント(共通科目)と専門科目、それぞれに申込みが必要となります。
         ② 過年度受講者も必ず受講希望年度の講習会に、再度申込みを行ってください。

■日本スポーツ協会公認スポーツ指導者制度に基づき、該当資格を保有している指導者は、共通及び専門科目の受
 講・試験が免除されます。詳しくはこちらをご確認ください。

2-2.スポーツ指導者の登録

公認スポーツ指導者として認定されるには、該当の養成講習会の受講等により所定のカリキュラムを修了した後に、所定の登録手続きを完了する必要があります。日本スポーツ協会より登録手続きに関する案内が届きますので、案内に沿って手続きをお願いいたします。

 <参考資料>  公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者登録規程
 <参考資料>  公認スポーツ指導者資格 受講申込から資格取得までの流れ

2-3.指導者マイページ

 公認スポーツ指導者資格の取得を希望する方や、すでに資格を保有している方が、インターネット上で各種講習会の申込みや登録情報の確認・変更、資格の登録・更新手続きを行うことができる無料のインターネットサービスです。

【指導者マイページの活用方法】
  1. 各種講習会の申込み
  2. 登録状況の確認(受講状況・保有資格・保有状況・有効期限・更新研修受講実績等)
  3. 所属・住所・連絡先の変更
  4. 更新研修の検索・申込・履歴の確認
  5. 資格登録・更新手続き
  6. 電子登録証の発行
  7. 指導者向け情報提供(Sport Japanのバックナンバー閲覧等)
  8. 名刺作成サービス
  9. 公認スポーツ指導者マークのダウンロードサービス
  10. 公認スポーツ指導者マッチングの設定
  11. 日本スポーツ協会からの配信メールの受信
【指導者マイページ操作・作成に関するお問い合わせ先】
 日本スポーツ協会 公認スポーツ指導者登録係
  TEL:03-5859-0371  平日 10:00~17:00(土日祝日を除く)
  ※資格情報の確認等も対応しておりますので、ご活用ください。

3.公認スポーツ指導者資格の更新

 公認スポーツ指導者資格の認定期間は、資格登録後4年間です。資格更新には、資格の登録後、資格有効期限の6ヵ月前までに定められた研修会を、最低1回受講することが義務づけられています。なお、研修実績のない指導者へは更新登録案内は送付されませんので、ご注意ください。(また、住所変更をされた場合、登録を完了していなければ案内は送付されません。)
 なお、「スポーツリーダー」については、永年認定資格のため登録・更新はありません。
 本会では年間4回、更新研修会を開催しております。

3-1.令和4年度研修会事業

(公認スポーツ指導者資格更新研修)
事業名 期 日 会  場 会場収容人数 申込期間(予定)
岐阜県コーチングセミナー
(岐阜県スポーツ指導者研修会)
 No.1
7月16日(土) プリニーの文化ホール 200名 受付終了
岐阜県コーチングセミナー
(岐阜県スポーツ指導者研修会)
 No.2
7月17日(日) プリニーの文化ホール 200名 受付終了
岐阜県コーチングセミナー
(岐阜県スポーツ指導者研修会)
 No.3
12月10日(土) 高山市民文化会館 200名 受付終了
岐阜県コーチングセミナー
(岐阜県スポーツ指導者研修会)
 No.4
12月18日(日) 神戸町中央公民館 200名 受付終了

〇新型コロナウイルス感染拡大に伴う2023年4月1日付更新登録に関する取り扱いについて
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、受講対象者・希望者のすべてを受け入れるだけの更新研修が開催されておらず、受講が難しい状況となっております。
 この状況を踏まえ、更新研修の受講免除に係る特例措置(一部資格を除く)が日本スポーツ協会より発出されております。詳細は、下記URL(日本スポーツ協会HP)からご確認ください。

  >>(https://www.japan-sports.or.jp/coach/news/tabid884.html?itemid=4544

〇岐阜県コーチングセミナー(岐阜県スポーツ指導者研修会)No.3・No.4への申込みについて
 ※申込受付は終了しました
 <関係資料>
   No.3開催要項     No.3日程表

   No.4開催要項     No.4日程表

■競技・資格別の指定研修について
この研修の参加により、公益財団法人日本スポーツ協会公認スポーツ指導者資格の更新研修を修了したことになります。
なお、テニス資格は1ポイント、バウンドテニス資格は1ポイント、チアリーディング(コーチ3のみ)資格は都道府県体育・スポーツ協会実施の1回分の実績となりますが、別途、資格毎に定められたポイント獲得や研修受講などの要件を満たす必要があります。
ただし、次の資格については、更新研修を修了したことにはなりません。
[水泳、サッカー、、テニス、バスケットボール、バドミントン、剣道、空手道、バウンドテニス、エアロビック(コーチ4のみ)、チアリーディング(コーチ3のみ)、スクーバ・ダイビング、プロゴルフ、プロテニス、プロスキー、オリエンテーリング、スポーツドクター、スポーツデンティスト、アスレティックトレーナー、スポーツ栄養士、クラブマネジャー](2022年10月1日現在)

<更新研修のご案内について>
 平成26年度までは、本県登録者全員に本会から書面でご案内しておりましたが、平成27年度より更新研修受講済みの方、及び支店研修が定められた競技・資格保有者には案内しないこととなりましたので、誠に勝手ではございますが、ご了承くださいますようお願いいたします。  今後は、保有資格有効期限等を自己管理していただき、上記の方法でお申し込みください。

4.新型コロナウイルス感染症の影響による更新研修の特例措置

 資格を更新するためには、資格有効期限の6か月前までに、所定の研修会を最低1回受けることが必要ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により更新研修の開催が中止、あるいは受講が難しい状況が続いています。
 そのため、特例として、以下登録期における更新登録・再登録において、所定の更新研修の受講状況に関わらず、登録手続きの対象といたします。
 ただし、一部の資格・競技は対象外となり、所定の更新研修の受講が必要となりますので、詳細は各登録期の詳細ページをご確認ください。

<対象者> 2022年10月1日付更新登録・再登録者 ⇒ 詳細はこちらをご覧ください。
      2023年 4月1日付更新登録・再登録者 ⇒ 詳細はこちらをご覧ください。
      2023年10月1日付更新登録・再登録者 ⇒ 詳細はこちらをご覧ください。
ページのトップへ戻る